おにくばくはつてきとうなぶろぐ

自分のイラストがメインで他は思いつきの適当な内容

自分の自作PCでの音周りの変遷

お久しぶりです。

今回も、私と同じ素人自作PCの方向けに音周りの話をダラダラ書いてみます。 

これから音周りの強化を検討されていたら、だらんと見てみてください。

 

元々、絵を描く時に無音だと少し寂しいので、

テンションを上げる為にダラダラと歌の無いサントラ等の音楽を聴いております。

音質等に興味が出てきたのは、PCを自作してからでここ最近のお話です。

情けない話ですが、元々は適当にビックで買った4,000円位のイヤホンを

PCマザボに直挿しで満足して聴いていた位のレベルです(笑

 

で、そんな私ですが、下記のような変遷で現在にいたっております。

 

①「audio-technica【ATH-CKM500】」単体のみ

② サウンドカード「ONKYOSE-90PCI】」+「①」

③ サウンドカード「ONKYOSE-90PCI】」

   +スピーカー「ONKYO【HTX25HDX】」

ONKYOSE-90PCI】」+ヘッドホン「AKG【K550】」

⑤USB Audio DAC「Deff【DDA-DAC1U】」+「AKG【K550】」

 

最早、ONKYO好きかと思わせるような感じですね(汗

分かる人が見たらコスパ重視なのがバレそうです。

 

で、同じ音源をiTunesで聴いている場合のかなり大まかな差ですが・・・

①のイヤホンアナログ直挿しだと、マザボの音の性能に左右されますが、

 イヤホンの性能のままに音の違いがあるように思えます。

 

➁になると、PCに専用のサウンドカードが入るわけですが、

 比較的安くて評価も高いONKYOのを入れてみましたところ、

 

 「知らなかった音とか楽器の音まで聴こえるぞ、と(某タークス風)」

 

 最初は結構感動しました(笑

 真面目に、今まで聴こえていなかった音が聞こえるようになり、

 同じイヤホンでも音のクリア感(音でも解像度とか言うらしい)が

 「若干」増しました。

 

③は➁で気分を良くした私は、FF14の為に光接続でスピーカーに繋げていた

 のですが、問題発生。普通に音を出せさえすれば良い音だったのでしょうが、

 いかんせんマンション住まい。低音の響きや細かい音の煩さもなかなかあって

 普通にボリュームを上げるのもはばかられてしまいました(泣

 

④というわけで、スピーカーでは周囲への問題があるものの、既に私は③で

 無駄にある程度の迫力のある音を体験してしまった為、そこそこのイヤホンか

 ヘッドフォンを検討するハメに。同じような人は結構多そうですね。

 とはいえ、今まで興味すら無かった分野。

 さすがに失敗の怖い私は予算を15,000円以下に決め、価格ドットコムの

 ランキングとコメントをひたすら見まくりAKGのK550に決めました。

 

 「室内で使用」「低音偏重じゃないこと」「モノがチープでないこと」

 

 元々、絵を描く時に聴く用なので室内メインですし、低音がやたらドンドン

 響くのは流して聴いていても疲れてしまいます。また、長時間使用するので、

 頭に乗せてしっかりとしないようなのは疲れそうだったので。

 

 とりあえず、K550は解像度は高く、楽器の音もナチュラルに聴こえます。

 私が買ったのは有楽町のビックでしたが当時12,000円位で予算より安く、

 値段で考えてもとても気に入っています。

 よく、価格ドットコムではK550もそうですが、AKGは低音弱め?みたいに

 書かれているのが散見されますが、恐らく弱いわけではなく誇張していない

 だけと思います。

 良くも悪くも原音忠実路線なのか、元の曲が低音が響く曲ならそれなりに

 低音は出ています。ブルーレイで映画を観るとエフェクトもかかっている

 せいか結構低音出てます(笑

 

 まぁ、それでも迫力重視の方にはお勧めできない感じですが、

 あんまり疲れないので私のような用途にはお勧めかもしれません。

 写真はまだ撮ってませんが、見た目も質感があって好きです。同価格帯では、

 実際に手に取って触った感じで比べてしっかりしています。

 

 長くなったので、⑤のUSB Audio DAC「Deff【DDA-DAC1U】」は無しで、

 また次回へ(笑