おにくばくはつてきとうなぶろぐ

自分のイラストがメインで他は思いつきの適当な内容

FFXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク結果

 

どうも、あんまりブログってのは馴れませんけど、

先月4月に自作PCのパーツをそこそこ入れ換えたみたので、

ご参考までにFF14の新ベンチマーク結果貼ってみます~。

 

かなり基本的なシステム環境(細かいスペックはまた今度)
Windows 7 Home Premium 64 ビット Service Pack 1
Intel(R) Core(TM) i5-4690 CPU @ 3.50GHz
16325.902MB
NVIDIA GeForce GTX 660 (VRAM 1990 MB)

 

今更まだGTX660かよと思われると思いますけど、

今回はグラボ換えてないので、次はGTX900台のを買いたいとは思っています。

ちなみに、ベンチやっている時は良かったのですが、

結構有名っぽい「nvlddmkm.sys」のエラーで止まりまくってしまい、

最近ろくにFF14がプレイできませんでした。

これについてはかなり色々調べてやって安定したので、

今度やった事をまとめてみます~。

 

んで、結果はやはり微妙

 

 

 

SCORE:5174

平均フレームレート:40.417
評価:とても快適
ローディングタイム:
シーン#1 3.266sec
シーン#2 9.423sec
シーン#3 5.456sec
シーン#4 5.210sec
シーン#5 4.751sec
シーン#6 2.693sec
合  計 30.804sec

画面サイズ: 1920x1080

スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
DirectX バージョン: 11
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
描画設定
-水濡れ表現を有効にする: 有効
-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する): 無効
-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する): 無効
-リアルタイムリフレクション: 最高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-アンチエイリアス: FXAA
-ライティングの品質: 高品質
-細かい草の表示量: 最大表示
-背景の細かい凹凸表現: 高品質
-水面の凹凸表現: 高品質
影の表示設定
-自分: 表示する
-他人: 表示する
影の表現
-キャラクターの影のLODを有効にする: 無効
-影の解像度: 高解像度:2048ピクセル
-影の表示距離: 最長表示
-ソフトシャドウ: 強く
テクスチャ品質
-テクスチャフィルタ: 異方性
-テクスチャ異方性フィルタ: x16
揺れの表現
-自分: 適用する
-他人: 適用する
画面効果
-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果): 有効
-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果): 有効
-SSAO(立体感を強調する効果): HBAO+:高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-グレア(光があふれる表現): 通常表現
カットシーン効果
-被写界深度表現を有効にする: 有効

 

他のFCのみんなはもっと数字高かったなぁ~(笑

でも、これでも今プレイする分には快適ですよ。